トイレの水漏れの原因と寿命

トイレの水漏れの原因と寿命 生活に欠かせない設備であるトイレにも寿命があります。耐久性という面では、本体は陶器で作られていることもあって、割れない限り長く使えるのは間違いありません。しかし、その他の部品は劣化が避けられないので、水漏れなどのトラブルが起きることもあります。
使いやすさという面でも、交換を考えなければいけない時期がきます。生活環境に変化が生じ、使いづらいと感じたときには、これもひとつの寿命です。そして、リフォームを考えなければいけない時期の目安になります。

■細かな部品を使うウォシュレット

トイレの交換を考えるタイミングの一つは、水漏れが発生した時です。水を使う以上、劣化によるトラブルは避けられません。定期的に検査をしてメンテナンスを繰り返すだけではなく、全体的な劣化も考え早めの部品交換も必要です。
最近は便利に使用できる多機能トイレの人気が高いです。トイレが陶器だけで作られていればつなぎ目はほとんどなく、水漏れなどのトラブルが起きる可能性はほとんどありません。しかし、ウォシュレットなどが搭載されていれば複雑な形状になります。電気を使用していることから点検も難しく、何かトラブルが起きても自分で修理するのはかなり難しいでしょう。水回りだけではなく、電気の知識も必要になるからです。トイレにはさまざまな部品が使用されているので、トラブルが起きる可能性も高くなります。

■つなぎ目は弱点となる
トイレはできるだけ水が漏れたりしないような構造で作られています。わずかでも水が漏れれば、周辺が濡れるだけではなく、生活に影響が出るからです。形状が複雑な家電製品であるウォシュレットは、どうしても水漏れしやすい部分も持っています。部品同士のつなぎ目は、水漏れの弱点にもなるからです。
給水管や排水管の取り付けも必要であり、これらの配管と便器は一体化できないため、どうしてもつなぎ目ができます。このつなぎ目にはパッキンを取り付け、隙間ができないようにしていますが、ゴムで作られている以上劣化して役割を果たせなくなる時がきます。構造的にできるだけ少なくなるようにしていますが、水漏れが起きたときにはまず接続部分を確かめて、水漏れの原因を特定していくのがおすすめです。その場合、止水栓などを閉めて水が漏れる状態を止めてから作業を行うとスムーズです。

■原因はひとつではないことも

トイレの水漏れにはさまざまな原因があります。原因となる部分が見つかっても、部品の劣化速度は大きく違いがあるわけではありません。
パッキンにはゴムが使われていますが、自然と劣化してしまう部品です。劣化が進み弾力性が失われれば、どうしても隙間が生まれます。この隙間が一度できれば、状態が元に戻ることはないため、交換や修理が必要です。消耗品として付属されている場合もありますが、購入したところに相談して交換を考えなければいけないケースもあります。
修理だけではなく根本的に交換も考慮する必要があるのは、隠れた部分で劣化が進んでいる可能性があるからです。使い勝手が悪くなっている時には、便器の交換だけではなく、全体のリフォームも視野に入れることがおすすめです。同時に修理を行えば、工事の費用的を抑えられる場合もあります。

■まとめ
故障などでトイレが使えなくなると、生活の質が大きく低下します。使えて当たり前だと考えてなんとなく使用していると、水漏れが起きたときに慌ててしまいます。一時的に他の場所で利用することはできますが、そのままにしておいても症状が悪化するだけで改善することはありません。被害が大きくなると取り返しがつかない事態になることも考えられるので、修理や交換が必要になった時に依頼する業者を事前に調べておくなど、準備をしておくことも大切です。


クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース